瓦について

瓦の長所としましては他の屋根材に比べ、耐久性に優れています。
他の屋根材の寿命は約10年~20年ぐらいがほとんどですが、
瓦は40年~50年といわれています。
他には瓦の形・工法上、耐熱性にも優れています。
短所としましては、重量があることです。
しかし、スレート系や金属系の重量が軽い屋根材もありますので、
お住まいの環境に合わせて、正しい屋根材選びをしていくと良いでしょう。
建築基準も厳しくなり、瓦を選ぶことは、現在の建築では、さほど心配はないと思われます。
コスト面についても、初期コストは高くても、耐用年数の長さから考えればお得なのです。

屋根瓦の主な種類

釉薬瓦(ゆうやくがわら)

粘土瓦の一つで、防水性を高める為、釉薬を付けて焼き上げた瓦です。
手入れの必要がほとんど無く、長い期間、美しい状態を保てます。
形、色は様々あり、家の形状に合わせて使い分けることができます。
日本の住宅の屋根瓦の大半は、釉薬瓦が使われています。

燻瓦(いぶしがわら)

粘土瓦の一つで、釉薬瓦とは異なり釉薬を付けずに焼き上げ、その後、むし焼きにし、瓦の表面に銀色の炭素膜を形成させます。
そうすることによって、いぶし銀色の美しい瓦が出来上がります。
形は様々あり、主に、寺院などで使われ、深い風情をだしています。
ただし、塩害、凍害などが起こる場合もあります。

●釉薬瓦と燻瓦の主な特性●
耐熱性 耐水性 耐寒性 耐風性 耐震性 通気性 手入れ
釉薬(ゆうやく)瓦 × × 不要
燻(いぶし)瓦 × × × 必要

△ : 塩分を含んだ水(海水)等は×
※ 地域や気候風土により違いが生じる場合がございます。上記の表は参考程度にご確認いただけましたら幸いです。

瓦のことなら何でもお気軽にお電話ください。

茨城県瓦工事事業組合連合会 優良加盟店

 

瓦の修理を依頼したい方へ

全日本瓦工事業連盟 優良加盟店

ページの先頭へ